Press "Enter" to skip to content

アソコはすでにグッショリと濡れていた挿入する

ピンサロがたくさんある

ただ、AVを好むのが主に男性で、『男性は視覚や聴覚、女性は想像で興奮する』と言われることからも分かるように、この種の視覚的な刷り込みというのは、主に男性固有のものかもしれません。女性には、本項はあまり関係ないかもしれませんが、男性の暗好を知るためにも、機会があれば見てみると良いと思います。danceや『シコふんじゃった。』などで大ヒットを飛ばす日本を代表する監督の一人、周防0嬢の物語原題:Histoired’O監督:ジュスト·ジャカンキャスト:コリンヌ·クレリー/ウド·キア他1975年のフランス映画。
ポーリーヌ·レアージュ原作、ポルノグラフィー文学として名高いSM文学小説O嬢の物語の映画化です。
この作品は、はっきりSM映画ですので、紹介から外そうかと思ったのですが、かなり古く、フランス映画を見る人間は最近少ないので、今では、あまり知っている人が多くないと思い、一応紹介してみました。男側の主役は『2001年宇宙の旅』で有名な名優、ウド·キアですから、びっくりです。まあ、ぶっちゃけていえば、内容は、ヒロインOが調教されるだけの話、で説明は終わります、これといって映画として優秀なところはありませんが、独特の雰囲気は当時のフランス映画固有のものです。日本で言えば団鬼六といったところで、文学とはいえ、簡単に言えば『やってることが主体で、合間にちょこちょこ話が進む』という、今の成人コミックや成人アニメとそう変わりません。
今の時代の目で見ると、やっていることは一通りお定まりであり、なによりもフェティッシュ色が薄く、フランス映画固有の芸術気取りが鼻に付くので、セクシャル作品としては凡庸ですが、子供のときにこれを目にしたら、相当のインパクトがあったことは間違いありません。
お定まりだと述べましたが、そもそも、これがお定まりだというのは、これがSMのイメージとして定着したところがあるわけで、これ以前はそれほどお定まりではなかったのです。蛇足ですが、今現在、海外ポルノの主流は陰毛をほとんど剃るのが定番です。後述する作品もそうですが、この時代のポルノは陰毛を処理していないのが普通で、今見ると陰毛がワサワサで剛毛で萎えます。ポルノという意味では、今、これを見て興奮できる男性は少ないでしょう。そのぶん、冷静に客観的に見られるとも言えます。続編に『O嬢の物語·第二章』があります。

ペニスを女性器に長下着に吸い付き

カリギュラ原題:Caligula監督:ティント·ブラス/ボブ·グッチョーネ/ジャンカルロ·ルイキャスト:マルコム·マクダウェル/ピーター·オトゥール他ものすごく有名な1980年のイタリア·アメリカ合作映画。たぶん世界で一番有名なカルトボルノです。監督はイタリアのポルノ映画界の巨匠ティント·ブラス。当時のペントハウス誌社長ボブ·グッチョーネが46億円の巨費を投じて製作した、壮大なポルノオペラです。表向きはローマ帝国皇帝カリグラの放蕩や残忍さを描いた重厚な歴史超大作ですが、実態はハード·コア·ポルノでした。
残酷シーンもかなりあって、奇形もたくさん登場し、ホモや拷問もあるので、単なるエロというよりエログロ映画です。最近ではSAWシリーズなんかが好きなタイプのカルト映画マニア、ホラーマニアなどに人気があり、露骨にポルノながら、ピカレスクな雰囲気が結構良い作品です。芝刈り機ならぬ巨大首狩機で地面に埋めた人間の首を狩っていくシーンは、映画界の伝説です。ビデオもDVDもなく、路上の自販機でエロ本を買うのにさえドキドキしていた時代の青少年にとって、この時代のセクシャル映画は、非常に貴重なリビドーの昇華先でした。
モロに『エロ』映画を見るのは勇気がいりますが、たいてい、セクシャル映画には文学的な表向きがついているので、『俺はエロを見るんじゃないんだ、文学を見るんだ』なんて自分を誤魔化して見ることが出来たからです。
が、その最たるものというか、ひどすぎて言い訳できない究極の作品がコレです。なんせ、日本版ではぼかしばっかりで何も分かりませんので、出来れば海外版をおすすめします。まあ、性器のオンパレードで、興奮するより、うんざりしてきますけれど。主人公のカリギュラを演じるのは、なんと、『時計仕掛のオレンジ』の主演俳優、イギリスの名優マルコム·マクダウェル、他にも、『アラビアのロレンス』の名優ピーター·オトゥール、演技派女優のヘレン·ミレンなど著名な俳優が多く出ています。通説では、俳優たちはポルノ映画であるとは知らされておらず、後で別撮りしたハードコア·ポルノ·シーンを付け加えて編集したとされており、ピーター·オトゥールが『腸されてポルノに出演させられた』と裁判騒ぎを起こしたともされています。しかし、この説は、一部は真実かもしれませんが、私は、全て嘘とは言わないまでも、かなり眉唾くさいと思っています。なぜなら、確かに別撮りらしきボルノシーンも多いのですが、映画をちゃんと見ると、明らかに彼ら有名俳優が同時に写っているカットで、充分に普通の映画を逸脱したポルノシーンが繰り広げられている場面がたくさんあるからです。

 

セックスは別に痛く

もし、これで、撮影中にポルノだと気付かなかったら、相当に馬鹿です。少なくとも、一部の俳優は、ポルノだと知って出演していたが、映画が想像以上にヒットしてしまったので、困ったことになり、そういう言い訳をしたのでしょう。

ソドムの市原題:salo’ole120giornatedisodoma監督·脚本:ピエル·パオロ·パゾリーニ出演者:パオロ·ボナチェッリ他1975年制作の、マルキ·ド·サドの『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』を映画化した作品ですが、時代設定を近代にするなどに大幅な改変が加えられています。イタリアが連合国に降伏した後、残党のファシストたちが、美少年、美少女を集めて、あらゆる淫蕩·変態行為に耽るという話で、性器の露出が多いため、日本版で見ると、たぶん、ぼかしだらけで何がなんだか分かりません。
私は海外版で見ましたが、そのぶん言葉が分からなくて、ストーリーのほうが何がなんだか分からなかったので、できれば、一度日本版を見てから、海外版を見ることをお勧めします。SMというより、ホモセクシャル、スカトロ、拷問描写など、おおむねタブーが一通り入っており、それもかなり露骨です間接的ではなく、ウ○コなどもはっきり映ります。それ故に、欧米では上映禁止になるなど、『清く正しい変態映画』に仕上がっておりますので、見るのに勇気が必要です。一応、政治的な意味を持つ映画なんですが、映画のインパクトが強すぎるために、そんなところまで思考がおよばず停止してしまう、というすごい映画です。カリギュラも同様ですが、ここに描かれているのは、SとMの信頼を持った関係ではなく、一方的な虐待です。
ですから、映画としては面白くても、性的な意味での興奮を得られるかどうかというのは、難しいところだと思います。
この映画の公開当時、恐ろしくショッキングでしたが、インターネットでいくらでも直接的に過激な虐待、スカトロなどの無修正動画が見れる時代になってしまうと、映像としては控え目にすら見えてしまい、退廃的で美しさを感じます。この映画を更にショッキングで著名にしたのは、映画の完成後に監督のパゾリーニが死体となって海岸で発見されたためです。パゾリーニは私生活でもかなり問題があり、出演者の美少年に性的な行為を強要したりもしていたようです。
彼が犯した少年の一人が復讐のために殺したのではないかという説が有力で、実際にその少年は犯人として裁かれ服役しています。
また、ネオ·ファシストの仕業という噂もありましたが、2005年に行われた元少年の証言によれば、複数の人間から政治的な意味でリンチを受けて死亡したそうです(ただし、この証言に基づいて再捜査が行われましたが、真相は謎のままです)。愛の嵐原題:IIPortieredinotte英題:TheNightPorter監督:リリアーナ·カヴァーニキャスト:ダーク·ボガードシャーロット·ランプリングフィリップ·ルロワ他1973年制作のイタリア映画。
ナチスの昇降マクシミリアンと、ユダヤ人の少女ルチアの倒錯した愛を描いた作品。この作品は、かなりの社会派作品ですが、正直、昔見たなら、内容を覚えている人は少ないはずです。この当時、子供だった人々は、唯一、その代表的なビジュアルだけが深く心に刻み込まれることになったのです。そのビジュアルとは、ランプリングが上半身裸でサスペンダーでズボンを吊り、ナチスの帽子をかぶっている姿です。また、この姿では二の腕まで覆う革手袋を装着しており、当時としては、猛烈にエロティックでした。どういうわけだか、この映画はよくテレビで放映されており、そのエロスなスタイルが、ボンデージを見たときと同じ『なにやら猛烈にイケナイ感覚』を子供の心に刷り込んだもので、これによってSMに目覚めた
人も多いようで、今でも、酒を飲むとよく話題に出たりする映画のひとつです。
肉棒をスラックス

ファッションヘルスでも大事な要素となります最後の素股

このスタイルはよくオマージュでコミックや映画などに今でも使われており、エマニエル夫人と並ぶセクシャルスタイルの代表的なアイコンと言っていいでしょう。映画を知らなくても、このスタイルをどこかで見たことがある人は多いはずです。実際には、内容はSM限定的な作品ではないですが、SM的なニュアンスも出てきます。倒錯的などという意味では、良く出来た作品です。これまで紹介してきた作品が、どちらかといえばポルノに近いものか(実質は)明確にポルノであるのに対し、こちらはきちんとした文学的な作品と言えます。映画の巨匠ヴィスコンティが絶賛したことでも有名な作品です。
ナインハーフ原題:91/2Weeks監督:エイドリアン·ラインキャスト:ミッキー·ロークキム·ベイシンガー1986年公開のアメリカ映画。
監督はフラッシュダンスや『ジェイコブズ·ラダー』などのエイドリアン·ライン監督です。マンハッタンを舞台に、離婚したばかりの女エリザベスと謎めいた男ジョンの9週間半にわたる倒錯した愛を描く作品で、公開当時は、一大ブームになりました。かつて、映画の世界では、低予算のB級映画がポルノ的なテイストで客を集める時代がありました。その時代には、こうしたテイストの作品はそれほど珍しくありません。
ですが、この映画の公開当時は、アダルトビデオの出現によって、すでにその手のムーブメントは去っており、この手のエロティック作品というのは、あまり作られなくなっていました。また、従来の有名なエロティック作品は、前述してきた著名作品を見ても分かるように、ほぼアメリカ以外の作品ばかりでした。
ですが、本作はバリバリのハリウッドー流監督が監督し、一流出演者が出ているという、かなり珍しい作品だったので、インパクトも相当に強く、大ヒットしました。内容はSMではないのですが、要するに『根がエロエロだと、いろんなことしたくなるよね』という、そういう感覚の部分をうまく表現しています。この映画を作った人は、絶対にエロな人だと思います。言い方を変えると、万人向けなので、突っ込みが浅いとも言えるのですが、そのおかげで『ああ、分かる分かる、それをやりたい感覚』と思わせる部分が多く、実際、ここで描かれていることの多くは、一度はやってみたい、あるいはやってみたことがある、という人が多いんじゃないでしょうか。
そんな風に、多くの人が潜在的に秘める性的願望にマッチしたのが、ヒットの要因だと思います。ライン監督は、この後も、セクシャル路線な危険な情事を撮っており、これもブームになりました。また、後に、奇オスタンリー·キューブリックが映画化したことでも有名な、ウラジーミル·ナボコフの小説ロリータを映画化しております。最近は、すっかりソッチ系の路線に走ってしまったようですが、死をテーマにしたカルト映画『ジェイコブズ·ラダー』などを見れば分かるように、基本的にポルノ監督ではないため、これもぎりぎり一般映画に仕上がっております。
江戸川乱歩猟奇館屋根裏の散歩者監督:実相寺昭雄キャスト:三上博史嶋田久作加賀恵子/宮崎ますみ他江戸川乱歩の倒錯的代表作のひとつ、乱歩作品のレギュラー、明智小五郎も登場します。とある下宿に住み込んだ郷田三郎が、ふとしたことから屋根裏に入り込み、人々の私生活をのぞき見ることに喜びを覚えるようになるというストーリー。かなりの倒錯した作品です。
原作は非常に有名なので、1970年、1976年、1994年、2007年と何度も映像化されており、アニメや漫画にもなっていますが、ここで紹介するのは、1994年版です。監督は、ウルトラシリーズをはじめとする円谷ブロの映像作品で、子供向けでありながら極端に独特の芸術的映像センスを発揮し、映画マニアに高い評価を受ける実相寺昭雄監督です。他とは一線を画した、非常に映像の芸術的センスの高い作品で、とにかく映像が素晴らしいのが特徴です。

レイプする度胸なんて

実相寺特有の映像美と、俗に言う『実相寺カメラアングル』が存分に発揮された作品であり、嶋田久作など、くせもの役者を配置していることで、制作された時代からすれば奇跡的なほど、陰湿で獲雑な70年代和製カルト映画の雰囲気に近いものを再現した傑作となっています。実相寺監督は後期にははっきりとSMやフェティッシュ階好をあらわにしており、アダルトビデオなども監督していますので、本作でも、明確に緊縛場面やレズビアンなどが登場することになります。R-18指定で、どうやら撮影で本番も行っているようですがぼかしで分かりません、あくまでもボルノではなく、文学作品です。
映像だけでも一見の価値はある、というよりも、映像を見ていれば他はどうでもよくなる、お勧めの作品です。エロチック乱歩人間椅子監督:佐藤圭作キャスト:宮地真緒小沢真珠/板尾創路これまた江戸川乱歩の代表作で、乱歩の倒錯文学の金字塔とも言われる作品です。内容、というか、ストーリーはどうでもよくて、とにかく、椅子の中に潜んでいる人間と、その上に座る女性との布を隔てた倒錯した触れあい、という、あまりにもインパクトのある変態性に圧倒される作品です。監督は、本作が商業デビュー作となる佐藤圭作です。残念ながら、映画の方は、舞台を現代に置きかえてしまっています。
乱歩独特の雰囲気といえば、やはり昭和の昔の陰湿で退廃的な雰囲気なので、それを現代に置き換えたのは致命的です。もっとも、仮に原作どおりの時代を舞台にしていても、本作に関しては監督に才能がなさそうなので、たぶん駄目な作品に変わりはなかったでしょう。映画としては、あまり芳しいデキではなく、事実、あまり評価されなかったのか、この監督は以後ほとんど映画を撮っていません。とはいえ、これに関しては、モチーフのインパクトだけで勝ち、といったような、そんな作品です。若い頃に、はじめてこの映画を見たら、たぶん相当にインパクトがあると思います。PG-12指定なので、先に紹介した屋根裏の散歩者ほど、表現はダイレクトではありません。
なお、先に紹介した実相寺昭雄とは別の監督の屋根裏の散歩者が、このエロチック乱歩シリーズの一本として作られています。
ビデオドローム原題:Videodrome監督·脚本:ディヴィッド·クローネンバーグキャスト:ジェームズ·ウッズ他ザ·フライなどの変態カルト映画の巨匠、デイヴィッド·クローネンバーグ監督が1982年に製作した、猛烈にカルティッシュな代表作にして、伝説のカルトムービー。主演は名優ジェームズ·ウッズです。内容がシュールで理解しにくいためというか勝手に考えろ、タイプなので、公開時には大ゴケしたが、ビデオレンタルで爆発的にヒットし、カルト監督、クローネンバーグの地位を不動のものとした傑作です。まだDVDのDの字もない、レンタルビデオ全盛の時代とあって、当時のホラー映画ファンは、この映画にとても大きな衝撃を受けたものでした。
内容はというと、ケーブルテレビの社長マックスが、目玉となるセックスや暴力を扱ったテレビブログラムを探しているときに、ビデオドロームなる海賊番組に巡り会う、というお話です。ビデオドロームを見ると、次第に幻覚とも現実ともつかない異様な世界を体験するのですが、それが単なる幻覚ではなく、現実が変容していく、というもので、ドラッグ·カルチャーを術徳とさせる内容になっています。

セックスを繰り返

潮吹きの前から最中まで痛いといますそてセックスだけを望んクロネンバーグ映画の特徴は、常に幻覚や幻想などを描くことですが、それを象徴的に見せるのではなく、現実的な物体で具体的に描くという、シュールリアリズム絵画に近い点にあります。特に、それがほとんどの場合、肉体的にエロティックなものであるのが特徴です。
本作も『なまめかしく生き物のように呼吸するビデオテープ』や、やはり『生き物のようにうごめくテレビ』といったアィテムの数々が、極めてエロティックな印象を与えます。また、マックスの腹に割れ目が出現し、そこに拳銃を挿入するくだりなどは、はっきりと性器の結合を象徴しており、当時、映画マニアの間では腹マ●コと呼ばれていました。ビデオドロームの映像は、ひたすら相手を虐待するというSM映像ですが、いわゆるエロス映画ではありません。極端にグロテスクで難解で、要するに自分で解釈しろという類の映画で、カルト映画に分類される映画ですが、映画全体の雰囲気が、非常にセクシャルでSMを思い起こさせるものとなっているといえます。
また、クロネンバーグは、後年、本作とそっくりで、端的に言えば、登場アイテムをビデオテーブからゲーム機に置き換えたイグジステンズを監督しています。この映画でも、生々しく息づく女体のようなゲームパッド、歯を撃ち出す骨の銃、男性器のようなケーブルを肉体にあいた女性器のような穴に差し込むなど、非常にエロティックなアイテムが多数登場します。また、伝説のドラッグ小説裸のランチの映画化はクロネンバーグと相性が良く、実に素晴らしい変態映画に仕上がっていて、映画マニアの間では語り草になる名作です。
江戸川乱歩全集恐怖奇形人間監督·脚本:石井輝男キャスト:吉田輝雄/土方異他真面目な映画ファンには網走番外地シリーズなどの監督として知られ、不真面目な映画ファンからはイロモノ映画の大監督として知られる、映画マニアなら誰もが知る日本の巨匠、石井輝男監督作です。エログロナンセンスを得意とする石井監督の作品の中でも、群を抜いて人気があり、氏の代表作とみなすファンも多い作品です。はっきりしたセックスシーンなどは少ないにもかかわらず、その異様さから、公開当時は成人指定されたほどで、現在でも再上映時にはR-18指定になることが多くなっています。ストーリーは、過去の記憶がない主人公の人見広介が、自分と瓜二つの菰田源三郎の死亡記事を目にして彼になりすますが、源三郎の父丈五郎は生まれながらの奇形で、沖にある無人島で様々な奇形人間を製造していた、という無茶苦茶な話です。


潮吹きの前から最中まで痛いといますそてセックスだけを望ん 風俗嬢のお尻を拭くこともできないのでい ヴァギナから愛液が分泌されてきたのを確認しますそこで口