Press "Enter" to skip to content

潮吹きの前から最中まで痛いといますそてセックスだけを望ん

デリヘル嬢お尻のラ

同棲相手はショックだったようだ
エッチだったというのは本当なんだ……

SMデータベース

SMプレイ百科

SMでする行為

すなわちSMプレイ、というのは、別に、わざわざ説明しなくても分かると思います。だから、そんなものはいちいち説明されなくても、いいと思うかもしれません。
しかし、初心者は、漠然とやることは分かっても、実際にやったことがないと『持っているイメージ』と現実の違いを正しく認識しておらず、そこに含まれる危険性や問題を認識していないことが多々あります。相手がなんちゃってSである場合、ここで述べるような問題を理解していないことは、かなりの確率であり得ますので、女性の側も注意して、間違っている男には、きちんと断る必要があります。AVでは、かなりハードなSMプレイをしているものがたくさんありますから、AVに洗脳されて『あんなことをすればいいんだ』『あんなことがしたい』と思い込んだバカが、AV並みのプレイをすると、非常に危険なケースも少なくありません。相手がバカである場合、M女性である、あなた自身が、ちゃんと問題を把握して、抵抗できないといけません。これは、要するに『相手がバカで避妊方法を知らなかったら、あなたがちゃんとコンドームをつけるように言わなくてはいけない』というのと同じことです。SMにおける行為のいくつかは、相当に危険性を内在しています。オーバーではなく、死に繋がることもありますので、注意しなくてはなりません。
実際、SMプレイの死亡事故というのはありますし、火事もあります。止めたり助ける人がいない一人SMの事故死が一番多いのですが、執筆時でも、過去1年以内に日本ではないですが何件か記憶に残る死亡事故があります。
SMの多くは、相手を痛めつけたりする行為ですから、まともな人間であれば、きちんと考えるべきです。たいていのSM行為は、自分で自分にやってみることができます。であれば、『出来ることは、まず、自分にやってみる』のが人として当然です。この鞭で、どのぐらいの強さで叩いたら、どのぐらい痛いのか。どのぐらい洗腸液を入れて、どのぐらい薄めたら、どのぐらい辛いのか。ロウソクをどのぐらいの距離で垂らしたら、どのぐらい熱いのか。
こういうことを、ちゃんと自分で理解しないと、とてもではないが、相手に対してはできません。まずは確認すべきなのは当然ではないでしょうか?で自分を叩いてみるし、自分に流腸してみたり、ロウソクを垂らしてみたりもします(気持ちよくはないので、自分のS性を再確認できる副産物的メリットもあります)。自分は、相手に対して、痛いことをするのが好きだとします。だとしたら、相手は、その欲求をかなえてくれる人ですから、実にありがたい人ということになります。そういうありがたい人に対して、最低限の配慮をするのは、人として当然の常識です。痛いことをするときには、まず、自分で確認しておくのが最低限の礼儀でありモラルというものです。それができない人間というのは、まともな人間性を持っているとは思えません。以下に、代表的なSM行為(アイテム)をあげておきます。
なお、ここではSMに分類されると思われるものに絞り、バイブレーターやローターなど、一般的なグッズだと思われるものについては省略します。だから私は、他人から見ると馬鹿みたいだと思いますが、自分拘束(具)拘束は、肉体の自由を奪う行為です。自由を奪われ、好き放題に責められるという形が、被虐性を煽るSMの基本とも言えるものです。容赦なく快楽を与えるという快楽責めにも適しています。緊縛もまた拘束の一部ですが、日本独特の文化として発展していますので、別に後述します。ボンデージについても後述します。欧米などでは、主に拘束具を使うプレイが主体になっています。元々、拘束具は拷問器具に端を発している部分もあります。

ヴァギナから愛液が分泌されてきたのを確認しますそこで口

下半身全体に快彼の呼吸は乱れてい

おおよそ、性的な欲望と虐待欲には限りがないので、歴史上、考えつく限り、あらゆるものが作られてきました。
語り出すときりがないので、ここでは簡単に済ませておきます。
拘束具にも、ゴム製、金属製、革製など様々なタイプのものがあります。中でも、革がポピュラーなのは、欧米では昔から広く使われてきた素材だからでしょうが、最もスタンダードなものは手錠、それに革製品です。日本では、まともな本革製品は比較的高価ですアダルトグッズで売られている安物は粗雑なものです。革の手かせや足かせなどは、最もスタンダードで、更にはもっと大きなコルセット状のものからあらゆる衣装まで、色々なものがあります。鞭なども革製のものがスタンダードです。顔面を覆ったり、目隠ししたり、といった視覚を奪うアイテムも、性的な興奮を高める大事なグッズのひとつです。
また、服従の証として、首輪は特別な意味を持ちます。直接拘束具とはなりませんが、精神的な意味では最も大事な拘束具です。また、首輪についている金具と他の拘束具を繋げば、物理的な拘束具としても役立ちます。広い意味では、他者と性交できないように股間に取り付ける、貞操帯なども拘束具のひとつと言えます。また、口柳や、口を強制的に開く道具なども、拘束具の一部と言っていいでしょう。革製の拘束具は高価ですので、アダルトグッズでは、もっと手軽に、ファーのついた手かせ足かせのような、様々な拘束具が売られています。これらは手首などを傷つけないように配慮したものですが、本気で感じている女性の力というのは相当なものですから、安物だとちぎれてしまうこともありますので注意しましょう。
個人的には、緊縛よりも手軽な拘束具をお勧めしています。その理由は後述します。また、特殊なものとしては、ビニール製のテープボンデージテーブなどもあります。これは粘着性のテープではなく、ビニールなのですが、表面がくっつくので、ぐるぐる巻いて拘束できるもので、何度も再利用できます。サランラップを想像してもらうと分かると思います。サランラップといえば、サランラップと同質のテープで、梱包用のものも、最近よく売られています。重い物や大きな物を傷つけず束ねて留めるためのものですが、むろんこれも拘束に使えます。当然、サランラップそのものずばりも使えます。
を使う余談ですが、人間の体にはごく一部だけでも掴まれたり自由にならないと、動けなくなったりする部分がありますので、必ずしも派手に大きく拘束するだけが拘束ではありません。たとえばよく警察などで用いられる手段に、指同士を巻き付けると、手錠の代わりになるというのがあります。拘束が強力で長時間プレイしていると、関節など体の一部を痛めたりすることがあるので、注意しましょう。のは昔から警察とか軍隊などで拘束具がないとそうなセロテープなどでも、よく使われるに強く、簡単にはちぎれません。法と。テー-緊縛日本独自の文化として、SMといえば、この緊縛というイメージがあります。以前も述べましたが、元々、緊縛は、日本で生活レベルで多数の麻縄を使うことから発祥したようです。日本の文化では、たとえば俵などを縛るのに麻縄を使うことをはじめとして、犯罪人を縛ったり、拷問したりするのにも、麻縄が使われていました。

風俗嬢の乳首に当て

むろん、様々な物を縛ったり、建築現場など、いろいろなところで使われていました。要するに『身近にある馴染みのあるものを利用した』ということでしょう。亀甲縛りに代表される、芸術的と言われる縛り方の多くは、元々は縄が緩まない荷物の縛り方として発祥したものです。緊縛は、また同時に『吊し』とセットのように捉えられている部分があります。吊しは、文字通り、縛った女性を吊す行為ですが、これは鴨居や柱がむき出しだった日本家屋独特の構造から発展したものと思われます。
今現在の日本の家には、天井に縄をひっかける部分がほとんどありませんので、なかなか出来なくなってきます。どうしても家庭でやりたい場合、ぶら下がり健康器のようなものを利用するという手もあります。手首や膝などを縛って引っかける程度ならいいのですが、全身の吊しは、体重の全てを縄で支えるわけですから、当然、緊縛以上に危険です。ちゃんと全身の体重がかかっても、体が締まらないように、上手に縛る必要があり、そう簡単にできることではありません。縛りは拘束の一種ですが、拘束具の一種としてボンデージファッションがあると同様に、必ずしも縛ることイコール拘束とは限りません。ファッションや刺激としての縛りもあります。たとえば、胴体だけを縛っておいて、その上に服を着て散歩するのは、体は自由なので、厳密には拘束ではありませんよね。あるいは股縄をして散歩するというのは、刺激と差恥がありますが、拘束ではありません。
縛りのイメージといえば麻縄ですが、普通の人は、麻縄についてあまりよく知らず、ただ簡単に麻縄ならいいと思っています。しかし、本来の麻縄というのは非常に固く、ケバがあり、そのまま体に巻くと、体がち
くちくして、傷だらけになってしまいます。通常は、湯に通して柔らかくしたり、ケバを焼いて減らし、油でなめしたりします。
ホームセンターなどで購入してくると、園芸用などの麻縄なので、たいていはこの処理がされていませんので、ありますが、とても面倒です。SM用に、なめし済の麻縄も販売されていますが、高級なので、結構お値段がします。自分でやる必要が麻縄は、いくらなめしてもそれなりにハードなので、最近は、アダルトグッズで、もっと柔らかいSM用の縄が売られています。多くの縄は、実際には手芸用などとして売られている紐と同じですので、そっちで購入したほうが、安くあがります。麻縄が危険な理由のひとつは、ほとんど柔軟性がないからですが、アダルトグッズの縄はそれなりに柔軟である程度は伸びるので、肉体が傷つきにくく、安全です。最近は、ある程度縛りの形に縄が組まれていて、簡単に縛りができるような簡易緊縛タイプの縄も売られていますので、上手に活用すれば、素人でも締麗な縛りを目にできます。

アソコはすでにグッショリと濡れていた挿入する

多くの女性が好む愛撫です

縛ることの最大の危険性は、言うまでもなく、首などが絞まって、誤って死亡してしまうケースです。実際、SMプレイ中の事故というのは、意外と少なくありません。検屍官出身の有名な某作家の著書によると、SMの事故と、腹上死は意外と多いそうです(腹上死というのは世間の持っているイメージとは違い、たいてい事後に死ぬそうです)。ただ、やはり体裁が悪いので、表に出ないだけであるとか。縛りのうち、特に首など一部の太い血管を圧迫すると、脳に血液が行かなくなり、酸欠状態になり、頭がぼーっとして気持ちよく、快楽をもたらします。気管は圧迫されないようにするのがコツです。
首を絞めるプレイや、首つりプレイが気持ちいい、というと、普通の人は『変態』のように思いますが、実際には、こういう医学的な理由で、誰でも気持ちよくなるのです(オートエロティック·アスフィクシア/自己発情窒息という)。ただ、普通の人は試さないから、気持ちいいのを知らないだけなのです。首つりオナニーとい

外と広く普及して

こっそりやっている人が多いとます。二人でする。ィではありしカご存じの方もいるでしょうが、燃えよカンフーという連続ドラマの主人公を演じた、デビッド·キャラダインという俳優さんがいました。
我々の世代にはヒーローなので、オタクのおぼっちゃん監督クエンティン·タランティーノが映画キルビルで悪役に起用したことでも知られています。その彼が、近年、ロケ先のホテルで変死しているところを発見されたのです。陰謀説なども出ましたが、結局、死因は『首つり自慰の最中の事故死』だったのです。
まあ、あのあこがれの俳優さんが変態自慰プレイ中の事故死では笑うに笑えず泣位くに泣けませんが、こんな風に、首が絞まるブレイはとても危険です。死亡まで至らなくても、長時間血行が悪くなって、どこかが麻痩したり、神経などが傷ついて、麻陣が残る場合があります。治るにしても、治るまでにかなりの時間がかかる場合もあります。内出血することもありますし、腫れることもありますし、そもそも、手首など見える場所に跡がついてしまうと、日常生活に困ることもあるでしょう。
縛りはなかなか色々と危険なのです。通常、慣れていると、緊縛は一本の縄で行い、いちいち、その場で体格にあわせて切りそろえたりはしません。だから、プレイの場にはハサミやナイフがない場合がありますが、万一の事故を考えて、いつでも即座に縄を切れるよう、ハサミなどは常備しておくことをお勧めします。前述のように、私は、緊縛よりも拘束具をお勧めしています。というのは、緊縛というのは、見た目はいやらしいかもしれませんが、締麗に縛るには、相当な技術と時間が必要だからです。本当に気心が知れた相手ならばいいでしょうが、そうでない場合、へたな人間が『ああでもない、こうでもない、うーん、うまくいかないなぁ』ともたもたやっていると、はっきり言ってしらけてしまいます。

一般社会ならセクハラにあたるよう
調教ということになる

エッチな雰囲気にならない

挿入時の持続時間です一度縛られたら、縛りを解くにも時間がかかります。縛り方が下手だと、縛ったはいいが、結び目がきつく締まって、ほどけなくなることもよくあります。
また、しらけるだけではなく、前述のように、へたに縛ると、危険性も多々あります。肉体に負担をかけない縛り方は、熟練しないと難しいのです。緊縛は熟練が必要ですから、本気でその技に上達しようと思う人以外は、気軽にトライすべきではありません。なによりの問題は、そのハードルの高さ故に、『締麗に縛ることが目的化してしまいがちになる』という点です。本来は好きで集めていたアイテムが、いつのまにか、アイテムを集めることが目的になっている、というのはコレクターの世界でもよくある話ですが、そういうのと同じです。つまり、本来はSMの目的は精神的な快楽や肉体的な快楽を得るためだったり、お互い紳を深めるためだったり、愛情の表現だったりするわけですが、そうした目的を忘れてしまい、縛りによる自己満足が目的になってしまう、ということです。
ですから、いわゆる緊縛師のようなものを目指す人ならともかく、そうでないなら、あまりそれを追求することは、本末転倒に陥りがちです。その点、拘束具は手軽なので、すぐに拘束できて外せ、プレイそのものに集中できますので、初心者にはお勧めです。
叩く行為本書の冒頭の方でもお話ししましたが、一口に叩くといっても、SMにおける叩き方には、様々な分類があります。最もポピュラーなものは、鞭(whip)
で叩く『ウィッピングwhipping』と、平らなもので叩く特にお尻を『スパンキングSpanking』でしょうまたはスマッキング。スパンキングというのは、欧米では長い伝統を持つ行為で、平手や、卓球のラケットのような形状をしたパドルでお尻を叩きます。性的な暗好はもちろんですが、しつけとして子供のお尻を叩く行為として、欧米では幅広く行われています。逆に言えば、子供の頃のそうした行為によって、性的な暗好に目覚めてしまうことも珍しくなく、映画や小説などにもそのような描写がしばしば登場します。お尻を叩くと摩の締りがよくなると言われるため言われてるだけで経験上はそんなことないですが、欧米では、一般的な性行為でも軽いスパンキングはされているようで、海外のアダルトビデオを見ると、かなりの割合で多かれ少なかれ女性がお尻を叩いています。
近年では、こうしたビデオの影響で、日本のビデオでも叩くシーンが増えたので、それに影響されて普通のセックスでも行っているカップルもいるでしょう。スパンキングの利点は、お尻という脂肪の多い部分を、平たいもので叩くため、肉体へのダメージが少なく、跡がのこりにくいそのためしつけにも向くという点があります。特に平手で叩く場合は、直接手で叩かれることで、道具で叩かれるよりも、愛情を感じやすくなります。それに対して、鞭で叩く行為には、注意が必要です。一般的なアダルトグッズで売られているような、安い鞭にはそれほどのダメージはありませんが、革で作ったもので本気で叩くと、かなりの痛みを感じます。当然、繰り返すとみみず脹れのように跡がつきます。

福岡ソープはこちら

エッチ自体のことをあまり覚えてないことですね他

個人的な経験から言って、鞭の跡は比較的消えやすく、最初はかなりひどい跡に見えても、しばらく立つと、残るのは本当にひどかったごく一部のみ、などという風になりやすいようですが、それでも跡が残る可能性はあるので、人に見られて困る場合は注意しましょう。
個人的な意見ですが、鞭を使うということは、その時点である程度の痛みを与えるという前提がって成り立つものですから、あまり痛くない安物の鞭はお勧めしません。といって、本格グッズは高いので、そんなものに高い金を出すぐらいなら、代用品を使いましょう。お勧めは、革製のベルトです。また、鋼のような細い金属棒や、ブラスチックの棒も独特の痛みを与えます。ホームセンターにいけば、色々使えそうなものがありますので、色々試してみるといいでしょう。ただし、本当に本格的な、映画『インディ·ジョーンズ』や映画の悪役が使っているような鞭は、よほどハード暗好でない限りは御法度です。ああいう本格鞭は革をより合わせたもので、みみず服れどころの騒ぎではありません。拷問などに使われるように、内出血し、皮膚が破れて出血しますので、シャレになりません。差恥プレイ(露出)差恥プレイというのは、広義に差恥をあおる行為を呼び、多岐にわたります。たとえば、恥ずかしいことを口にさせるのも差恥プレイですし、淀腸なども着恥プレイの一種でしょう。また、ポピュラーなところでは、露出プレイも差恥プレイの一種です。
ただ、露出といっても、たとえばリモコンローターを挿入したまま外出する、などというのは、恥ずかしさはありますが、露出そのものではありません。あるいは、人に見られそうなところで、体の一部や裸体を露出する、人のいない屋外でセックスなどをする(アオカン)
というのは、露出のようですが『他人に見られるかもしれないハラハラドキドキのスリルを楽しむ』ということであって、あくまでも『事故で見られるかもしれないけれど、人のいないところでする』という意味で、明確な露出とは違います。一方で明確な露出というのは、『他人に見られること』を前提としたもので、明確に目撃者がいる場所で、裸体をさらしたり、性行為をしたりするプレイを言います。厳密に言えば露出プレイとは見せるだけのプレイのことで、『野外(屋外)プレイ』とは、屋外での性行為を指します。露出プレイを好む人は結構いますが、むろん、問題は法律です。『見られるかもしれない』は合法なので、そのレベルまでは問題ありませんが、明確に見られることは違法です。法的にはわいせつ物やわいせつ行為を公共の場でさらすことは違法行為です。