Press "Enter" to skip to content

風俗嬢のお尻を拭くこともできないのでい

セックスレスの悩みについて相談に乗ってくれるのだろう

むろん、全くないわけではないのでしょうが、探し出すのは大変ですし、非常に少ないのは確かです。逆に言うと、エロ比率がヤミクモに高いのです。サイトを作るときに、心がけたのは、その『エロな範時のサイト』を見たとき『これは私の見たいものとちがうよな~』と思うような女性が多い、そういう女性が見られるようなサイトにすることです。つまるところ、自分自身が、そう思う人であるから、エロしかないSサイトへの反発から生まれた、という面があります。
要するに、『エロの範時に入らない、真面目なサイトにする』というのが、BorderLineのコンセプトだったのです。
SMと癒しの不思議な関係

脳のエロエロ

これは、これまでも少し書いたかもしれませんが、絞って書いてみます。私ははっきり言って、セックスが好きです。んまー、要するにスケベですね。この『好き』というのは、性欲ではないのです。前に、趣味的な要素の部分の話はしましたが、ここでは、そちらの面ではなく、もっと根本的な部分の話をします。性欲、というのは、要するに肉体的欲求を意味するのですが、昔から多くの本格的な性的過剰行為を行う人間は、むしろ『肉体』ではなく『脳』の欲求に従っています。だから、その行為では、●ん●んが勃起してなかったりします。分かりやすく言うと、下半身が興奮するときにしたくなるのが『性欲』です。
性欲では、疲れて●ん●んが勃起しないときはしたくないわけですが、脳の欲の場合は、疲れて欲求の出所が、別なのです。どのぐらい好きかというと、『んー、俺って、よく考えると、映画もそんなにマニアじゃないし、音楽もそうだし、読書は最近あまりしてないし·.··などとつらつら考えると、趣味ってないなあ』と言ってたら、そのときつきあってた彼女が『XXさん(私の名前)ってセックスが趣味だよね』と言いました。これは、言い得て妙だと思いましたね。
私にとって性はかなり重要な人生の一部ですから、ある意味では趣味と呼んでしまうと、軽々しくて違うようなニュアンスもあるのですが、その好きさ加減というか、作業へのイレコミ具合、固執の仕方なんかが、確かに『趣味』というと、なんだかびったりはまるのです。以前述べたオタク的な側面みたいなものも、いわば趣味的な要素ですね。さて、そんなわけで、私にとってはセックスは無くてはならないものです。端的に言ってしまうと『生きていく上で必要なこと』なのです。もちろん、セックスがなくても死ぬわけじゃありません。比喰的というか、メンタル面での意味です。例えば、ものすごく寂しがりの人は1人ではいられない、あるいは、ものすごく動物好きの人がペットがいなければ耐えられない、そういうのを『生きていく上で必要』と言いますが、それと同じような意味で、必ん●んが起たないときでも、したいわけです。

福岡ソープ

風俗嬢とこのカいるのだ

要なのです。昔、つきあっていた女性は体が悪く、触ると悪い部分が分かるほどでした。明らかに体型が崩れているのですが、以上はメンタリティの問題ですが、もうひとつは、たぶん、医学的にも必要なんだと思います。くさんセックスをすると、悪い部分が減り、体の崩れが締まってくるのです。それはもう、見ただけで分かるほどに変わりました。これは行為の様々な姿勢が整体効果を生む理由もあるとは思うのですが、他の理由もあると思います。私は素人ですが、超常現象的な意味ではなく、医学的な意味で、おそらく『女性ホルモンなど、体内で分泌されるもののバランス』などの理由があるんだろうと思われます。
たとえば、ひとつの例としては、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、更年期障害など、様々な肉体的不具合が発症しやすくなると言われています。逆に言うと、実際に夫婦がラブラブな場合、エストロゲンが減少しにくいので、こうした不具合は出にくくなると言われます。昔、ギスギスした性格の悪い女性に対して更年期障害だろみたいな皮肉を言うネタがよくあったんですが今では差別的なのでほとんど使われません、これは経験的にそういう女性が更年期障害であることが多かったからで、その裏を探れば、このようなエストロゲンの減少が原因としてあります。それと同じように、私にも男性ホルモンなどの作用が必要とされているのだと思っています。実際、セックスしてないと、あんまり調子が良くないんですよね。ずっとしてないと次第に調子が悪くなっていくのですが、続けてすると良くなる感じです。
まあ、これはセックスしていないことで、精神面のストレスなり不満なり、何かが溜まって、それによって体に不調をきたしている、とも思えますが、それだけではなく、医学的な理由もあると思います。まあ理由はどうあれ、明確に肉体にも影響が出る、ということです。たさて、メンタリティの話に戻ると、私にとってはSMというかセックスは、癒しのようなものです。うまく言葉では表現しにくいのですが、そこで得られる感覚が、非常に精神に安定をもたらし、安らぎをもたらします。リラクゼーションやヒーリングと同じような効果を持っています。
やる行為はおらおらー!みたいな激しい行為なのですが、そこで全体的に得ている感覚は、なにやら、ぼよーん、ぷよ~ん、やわやわ~、としたもんなのです、頭悪い表現でホントにプロの物書きか疑っちゃい
ますね、すいません。例えば、おそらく、人間、ホントにやりたいことをやっているときは、自分が解放できるし、リラックスできるんじゃないでしょうか?もちろん、相手がいることで、気を遣うし、色々反応を見たり考えたりして精神が緊張している面もあると思いますが、同時にリラックスしている面も強いと思います。ここで言っているのは、あくまでも、語られ尽くしていることなので、そういう『SMの持つ当たり前のメリット』はここでは除外しています。

 

デリヘル・東京お尻

これはあくまでも個人的なものなので、他の人がどうかは分かりません。でも、おそらく、推測なんですけど、女性でも、責められている最中はすごい快感が押し寄せてくるわけですが、それと同時に、癒しのようなものを得ている人っていうのは、結構いるんじゃないかと思います。
やはりMの人が、自分の性癖を素直に認めて、さらけだして、密かに望んでいたように、されるがままに快楽を与えられたら、一種の解放が得られると思います。日常の緊張が強ければ強いほど、解放は心地よいのではないでしょうか。それが、リラックス効果のようなものを生むと思うのは、あながち間違いではないと思うのですが、いかがなものでしょう?もし医学的な側面を考えるなら、リラックスのときに分泌される物質があり、かつ、また、ストレスが強いときに出るような物質が減少する。それが癒し効果のようなものを産むので、心地いいんだろうなと思いま一般的に、特に女性には、好きな人とセックスをした後でぐったりしているときに、心地よい癒され感、リラックス感のようなものがあったりすると思いますが、たぶんその感覚と同じです。
あまり言われていないような、私の経験からくる話、です。-般的に、例えば轡っぽいような人にとって、SMが効果ある、といった話は、心理学的にも広く認められ、一般に、す。その解放の心地よさを知っているから、本書で解放の手助けをしてあげたいなと思います。

さらけ出しちゃっていいんですよ

変な話以前述べましたが、私はたぶん、普通の男とはちょっと違ってると思います。普通、女性は、かなり親しい人にも、見せにくい、見せない姿ってあると思うんですよ。
例えばむだ毛の処理してるところ、脇毛剃ってるところとか、陰毛処理してるところとかあ、剃毛は私がやります、オナラしまくるところとか、鼻くそほじってるところとか。まあ、人によって色々違うと思いますが、普通は見せるもんじゃない、と思ってること、何かあるでしょう。長年連れ添って、何もかもが分かってる夫婦とか、差恥心を無くしてるオバサンとかなら別ですけど、つきあって短いカップルとかだったから、普通は見せませんよね?あえて見せない理由を言えば、そういう姿を男性に見せると、嫌われるとか、いやがられるとか、それと、恥ずかしい、女らしくない、みっともない、などなど、そんなところでしょうか。
これは差恥プレイ的な意味じゃないんですが、私は、自分がつきあっている女性がそういう姿を見せてくれるのは、むしろ大歓迎なんです。厚顔無恥なオバサンみたいに、差恥心がなくどこでもブーブーやるキャラでもいい、とかって意味じゃなくて、倦怠期の夫婦みたいなしらけた関係って意味でもないですよ。もちろん、外ではオナラなんかしないという、平均的な差恥心を持っている人間が、恥ずかしいけど、私の前だけではすると、そういう意味です。なんでそういうことを歓迎するかっていうと、まず、それって、結局は普段1人ではやってることなわけですね。日常でやることなのに、それを隠す、我慢する、っていうのは多かれ少なかれ多少はしんどいことです。

風俗観光客はめったに行かない地域である
乳首に当てましょうそして

セックス好きな彼氏アナルや女性器周辺に進みます

SM関係というのは、基本的に通常は表に出せないものをさらけ出す関係ですから、SM関係で好きな人といるときに、そういうしんどいことをやるんじゃ、意味がないと思うんです。
好きなだけ、自分をさらけだして、気を抜ける関係でいてほしい、ラクチンにしててほしいから、出して欲しいんですね。また、そういう恥ずかしい姿は、普通の人には見せられないわけですから、見せられる相手、っていうのは、本当に気が抜ける、信頼した相手っていう証拠でもあるわけですよね。ごく普通に仲の良い家族は、人前では見せないようなだらしない姿なんかも、家族の前では見せますよね。それは、特別な紳があるからで、また、信頼しているからです。SM相手にはしたない姿を見せられる、っていうのは、それと同じような紳や信頼があるということなので、見せて欲しいと思います。逆に言えば、以前も述べたように、SMをすると、そういう姿を見せてもいいような関係になりやすい、ということでもあります。
そういう姿を見ると、普通、男性は欲情しなくなったり、女性として見なくなったり、やる気がしなくなったりするみたいですが、私はむしろ逆ですね。決して、そういうことで嫌いにはならないし、女と見なくなったりはしません。前述のように、それは信頼の証のようなものなので、それを見せてくれる女は、逆にかわいくなってしまうという感じもあります。これを端的に言ってしまうと、オナラしてる女に欲情したりするわけで、まあ、はたから見てるとかなり変でしょうねえぇ。
まあ、そもそも、なんていうか、私の中では、そういう『恥ずかしい姿を見せる』ことが『女性としてのマイナス評価ポイント』に入ってないんですよ、元から。『恥ずかしい姿を見せる』ことが、女性の評価には関係ない、だから嫌いになったり、好きにならなかったりはしないわけです。だから、隠さずに、普段の姿をさらけ出して欲しいと思います。もちろん、そういう考え方だから、自分も同じようにさらけ出そうとするんですが、やっぱり知り合ったばっかりの相手に、いきなり全部、っていうのは抵抗あるんで、最初は多少は控えます。同様に、女性だって、もちろん、口で言うほどそんなに簡単に、恥ずかしい姿をさらけ出せるわけじゃないとは思いますが、こんな風に、こちらの考えなんかを、きちんと話して分かっておけば、次第に出していけると思います。

フェラチオのときは歯を立ててしまわないかと不安になる

これは、基本的に、SMにおける流腸だとか、イキまくるとか、恥ずかしい姿をさらけ出すことと同じ話なんです。
まあ、日常の恥心ずかしい姿をさらけ出しておけば、性行為で恥ずかしい姿をさらけ出しやすくなる、とも言えるわけで、相互作用なのですが、やっぱり、最初は日常の恥ずかしい姿というのは、多少無理しないと出しにくいでしょう。それに対して、性的な快感を感じるのを我慢するのは難しいので、自然に感じてしまうから、性行為で恥ずかしい姿をさらけ出すほうがやりやすい、とも言えます。だから、まずSMをすれば、日常の恥ずかしい姿をさらけ出しやすくなる、ということも言えるわけで、それがSM固有の得られる物のひとつと言えなくもないでしょう。
ともかく、そういったものをさらけ出せる、つまりは一緒にいてラクチン、というのは、SM関係の利点のひとつだと思いますので、理想のSM関係というのは、そういうものだと思います。ところで、最後に補足ですが、この本の文章は、基本的に加筆修正部分以外は、結婚する前に書いた話なので、上記の文章はなんとなく相手に対して話しかけるようなニュアンスになっています。その後、愛奴と結婚した今現在、どうかというと、オナラありありみたいな、やっぱりそんな関係です。

性の重要性乱暴に分けてしまうと、世の中には、二種類の人間がいると思います。
端的にいえば、『性』が、それほど重要ではない人間と、『性』が、生きていく上で不可欠の人間です。前者は、『性』を日常から切り離して考えられますが、後者は日常と『性』が絶対に不可分です。私は、自分が後者だと思います。そういうのを、便宜的に性を持つと表現します。
これは、非常に漠然とした概念で、言葉として説明するのは難しいのですが、もし、貴女が私と同じタイプであるなら理解できると思いますし、『性が、それほど重要ではない人間』には、いくら言葉で説明しても、理解できないと思います。ここで言う『性』とは、性行為そのものを指すわけではありませんし、以前述べたように『性欲』という本能だけを指すわけでもありません。脳の階好とでも言えるものでもあり、体の奥から湧いてくる『欲求』と言ってもいいでしょう。仮に性的な行為を全くしていなくても、『性』はその人の中にあり続けるものなのです。『性』が常にまとわりつき、常になんらかの形で日常に影響を及ぼして、生きることを左右します。

風俗で下着を通り越

下着姿になって更に目を見張る占い師をメン私は知


そして、『性』が最も顕著な行為として現れるのが性行為なのです。あるいは、キス、いちゃつく、触れる、といった行為も具体的な『性』の現れです。具体的な例をあげるなら、世の中に最も多い例として、夫婦でセックスもしているのだけど、相手を『男』『女』として見てない、というケースがあります。その端的な例は、最近多いと言われるセックスレスでしょうが、そうではなくても、要するに、おざなりにセックスをしているというか、夫婦やカップルの義務としてしていて、そこに特に喜びがない、というようなケースです。
そして、そのことが、別に苦痛でもなんでもなく、当たり前のことである、というケースです。こういうケースの場合、これらの人々は冒頭で述べた『前者』、すなわち性を持たない人に当たると思います。この場合は、『性』は日常から切り離され、それをなんとも思わないのです。たまにセックスをするとすれば、夜にセックスをする時間だけが『性』の時間という風に、完全に切り分けられ、切り換えて使用しています。これに対し、私のような人間には、常に『性』がどこかに存在します。だから、どんな場合切り分けられた『性』の時間だけではなくでも、ちょっとしたきっかけ、気分、そういったもので、なしくずし的に、自然に女性に対するアプローチが可能になります。例えば、非常に情欲の濃い関係の中で、『食べているのだか性交しているのだか分からない』というような情景が、成人文学などにもよく出てきます。
これは『性欲と食欲というのが非常に近い位置にある』という意味も内包しているのですが、とにかくご飯を食べながら男性器をしゃぶらせるとか、『Hしているのだか、ご飯食べているのだか分からない』というような状態を考えてみましょう。
それを、『今日はHしながらご飯食べてみよう、なあ、いいだろう?』という特別な約束事の上でやっているのなら、それはもう『ここからはHの時間』という切り分けがなされているということです。そうではなく、そんな合意をわざわざしなくても、いつでも全く自然にそうなれる状態がある、それが生活の一部であるということです。別に、毎日そんな卑獲なことをやるということではありません。実際にそういう行為を、する、しない、は全く別のことです。
するかしないかは別として、いつでも自然にそうなることが可能な状態が存在する、精神状態がそんな風にあるというか、価値観がそんな風だというか、それが普通の状態であるというこにとで、それが『日常と不可分』だということです。スイッチオン自分でも、うまく説明できていないというか、難しい話だと思うので、どうも言いたいことが分からない、う少し続けて見ます。という人もいると思うのですが、一応、コラムの締めくくりに近い位置として大事な話をしているので、も
分かりやすくマニュアル的に表現すると、先に言った、セックスのときに『性の時間に切り替わる』、というのは、いわば、スイッチが切り替わる、とたとえられます。
しかし、それを、スイッチが切り替わる、と考えるのをやめるというか、ちょっと見方を変えてみましょう。仮に、部屋の電気のスイッチのような、カチカチと切り替わる、機械式のフリップスイッチを想像してください。これが性のスイッチです。
性を持たない人は、こんな風に、スイッチをカチカチを切り替えなければなりません。ところが、そのスイッチの切り替え部分の可動部がすごくゆるゆるになっていて、軽く触ったり、強い風が当たっただけでも切り替わってしまう、カチリと言わないので、どのぐらい動かしたら切り替わるのか、よく分からない、と考えてみましょう。日常で性を持っている人間は、スイッチがゆるゆるで、切り替えの境界線がよくわからないのです。簡単にするする切り替わる、風が吹いただけで切り替わる、常にそんな状態だから、あまり切り替え前と後の区別がないようなもんである、ということです。