Press "Enter" to skip to content

風俗?杳??癲ぐことを選んだ!

お尻に入れていたわけじゃない

セックスに対する観念思い込み偏見ある時オリジナル作品ですが、大筋が江戸川乱歩の孤島の鬼パノラマ島奇談を引用し、屋根裏の散歩者人間椅子の一部を織り込むなど、乱歩のセクシャルなエッセンスを濃縮した作品となっています。
人間椅子なども登場しますが、特別にSM的な要素が映画というわけではありません。ですが、この種の奇形などを扱った作品、海外のフリークス映画なども、どういうわけか、観る人が見ると、SMチックな感覚を強く感じるようです。それはたいていの場合、直接的にセクシャルな表現が多く描かれていることもあるのですが、肉体的精神的弱者を、力によって支配し奉仕させているという背徳的な構図が出来ているからで、そこに性的な奉仕などが加わることで、SMの感覚と通じるものがあるからでしょう。
パッション原題:ThePassionoftheChrist監督:メル·ギブソンキャスト:ジム·カヴィーゼル/モニカ·ベルッチ他マッドマックスリーサルウエポンシリーズでお馴染みの俳優、メル·ギブソンが監督した、イエス·キリストの最後の12時間を描いた映画。
あまりにショッキングな内容で、公開当時はキリスト教圏では物議を醸し出して話題になり、日本でのレーティングはPG-12でした。とにかく、ひたすらキリストが鞭打たれ、肉が裂け、肉片が飛び散る様を延々と描くという、キリストが拷問され続けるだけのひどい内容で、米国公開時にはキリスト教徒の女性観客が心臓発作で死亡する事件まで起きています。
当時、いわゆる語りたがる人たちは、ムリにでもこの映画から教訓的、宗教的な要素を見つけ出して、なんとかして誉めていましたが、これを見た多くの人の正直な感想は、第一に『これは単なるスナッフフィルムではないか』というものでした(スナッフフィルムとは、本来は『実際の殺人を収めたフィルム』を指しますが、ここでのニュアンスは『暴力殺人を楽しむだけで他に中身が何もない映画』という意味あいです)。
そして、第二の感想が、『これは本質的に単なるSM映画ではないか』というものでした。非常に極端な暴力で、いわゆる愛のあるSMを求める人間にとってのSMとは違いますが、確かに、この映画の内容は、まぎれもなく本質的にハードSM映画に他なりません。というより、SM映画以外として見るのが不可能なぐらいひどいです。この頃のメル·ギブソンは奇行が目立って、ユダヤ人差別や飲酒による暴力、妻へのDVなどスキャンダルに事欠かず、頭がおかしいと言われていました。

セックス奉仕が終了して

セックス時の余裕ピンサロまで流れてきた彼女たちはセックスは上手いと女性に認識されるのです

その上、こんな映画を撮るものですから、益々変態扱いされ、しばらくまともな映画に出演できない時期が続いていましたが、懲りずに、またその後も、ほとんど内容が残虐な暴力カだけという、すさまじくグロいアボカリプトを制作して、再び批判の的になりました。我々はマッドマックス世代でギブソンのファンでしたから、『なんでギブソンはあんなんなっちゃんだろうな?』って感じです。余談ですが、アメリカで大人気の大人のブラックコメディアニメサウスパークで、大人たちがこの映画をなにかと屈理屈をこねて誉めるのに対して、登場人物の子供が『これは単なるスナッフフィルムじゃないか』と言う話があります。
大人は色々余計な理屈をつけてしまうが、素直に見たらスナッフフィルム以外の何物でもないじゃないか、ということです。そしてギブソンの家に金を返せと押しかけるのですが、逆にキチ●イのギブソンに追いかけまわされるという話です。
このエピソードの内容が、おおむね、この映画に対する一般的なアメリカ観客の反応のカリカチュアと言えます。サウスパークは多くの社会的現象、社会問題に関して、実に的確で分かりやすくまとめているので、理解するのにお勧めです。エマニエル夫人原題:Emmanuelle監督:ジュスト·ジャカン出演者:シルヴィア·クリステル他おそらく今現在でも、エロス映画といえば、最初にあがるタイトルがコレでしょう。
見たことはなくても、我々の世代でこのタイトルを知らない人はまず居ません。外交官の妻であるエマニエルが、性の儀式を経て、次第に目覚めていく話です。あまりに有名な映画なので、詳しく書くまでもないと思います。最初は省こうと思いましたが、我々の世代には定番でも、最近の人はあまり知らないと思うので、思い直して入れました。
エマニュエル·アルサンの小説エマニュエル夫人を映画化したもので、いくつかの映画化がありますが、有名なのは1974年のこの作品です。フランスの一般映画ですが、日本ではソフトコア·ボルノとして宣伝されました。当時の成年や子供は、心躍らせたもののですが、性的なものが溢れている今見ると、大して刺激的ではありません。ただ、極端にマニアックなほどフェティッシュではない面が、この映画を万人に見られる物とし、おかげでメジャーになったとも言えます。
シルヴィア·クリステルはこの映画で一躍有名になり、ブームのようなものさえ起こりました。ポスター写真などにある、藤の椅子に半裸で脚を組んで座っているビジュアルはあまりに有名で、前述の愛の嵐と並び、今でもしばしばパロディやオマージュ、セクシーのアイコンとして使われています。繰り返し続編やリメイクが作られて90年代には乱発すらされていますが、厳密に本作の続編となるのは2本だけです。なお、シルヴィア·クリステルは原題では4と名の付いた84年の『エマニエル(邦題)』に再登場していますが、これは正当な続編とはみなされません。
亀頭の包皮は無理にでも剥いて早く露出させた方が良いのですか包皮と亀頭

射精すらしていない


この作品は、要するに歳を食いすぎたシルヴィア·クリステルが整形してもういっぺん若い女になってやりまくる、という、なかなか『このシリーズでまだまだ稼ぐせぜ』的意図がミエミエの強引な作品で、ちょっとアレな内容でした。

愛のコリーダ海外題:L’Empiredessens/IntheRealmofthesenses監督:大島渚キャスト:藤竜也/松田英子他日本猟奇殺人史に、『バリ人肉殺人事件佐川くん事件』と並んでその名を残す阿部定事件をモチーフに、大島渚監督が全力で撮影したロマン文学ボルノの傑作です。説明しなくてもいいほど有名ですが、古くて風化していて知らない人もいると思うので、一応説明しておくと、阿部定事件とは、昭和11年、仲居であった阿部定が、愛人石田吉蔵を出奔逃走中の旅館で殺害した事件です。この事件が当時非常にショッキングで世間を騒がせた理由は、阿部定が殺害した石田吉蔵の局部を切り取って持ち歩いていたためです。また、吉蔵の左の太股と、布団の敷布にも血で、定吉二人きりと書いており、左腕には『定』という文字を包丁で刻んだと言われ、この点も猟奇性を強くしました。
噂によれば、定はいわゆる男好き、吉蔵はいわゆる女好きで、両者ともかなり淫蕩な性格で、非常に濃い性的関係を持っていたということです。逃走中は、旅館に篭もって食べては性交を繰り返していたといい、殺害前もしばしば首を絞めたりといったSMチックな行為を繰り返していたとされます。情況証拠から睡眠薬を買うなどどうやら殺害の意図はあったようですが、最終的には死に至ったものの、死亡時の首締め行為が、最初から死に至らしめる意図があったのか、こうした行為がエスカレートした末の事故だったのかは判然としません。
一説には、石田吉蔵は、自分で『今度首を絞める時はそのまま絞めてくれ。ひと思いに殺してくれ』と言っていたとも言われ、そこで定が殺したというストーリーが一人歩きしていますが、なにせこれらは定の証言に基づくものであり、目撃者がいない事件ですから、真相は分かりません。
なお、定は裁判時の精神鑑定では、残忍性淫乱症サディズムと節片淫乱症フェチズムいう鑑定結果が出ています。こうした、非常に濃いドロドロした性的な関係を描いたのがこの映画で、なんというか、非常にいやらしい、粘っこいような感覚が溢れています。人間の愛と情欲というのは、突き詰めていくと、カニバリズム愛する者の一部を食べてしまいたいと並んで、相手の一部を所有したくなる、というのは必ずしも異常ではなく、感覚的に理解できないものではありません。
その感覚をきちんと感じさせるのがこの映画のすごいところです。
晩年はテレビで映画監督と紹介されているのに、『全然映画撮ってないじゃやん、なんなのこのオッサン』と若い人からは言われ続けた大島渚、若い人には本当にこの人はスゴイのかと思った人も多いと思いますが、全盛期は日本映画に残る問題作をたくさん製作した、まぎれもない日本を代表する映画監督の一人です。本作はフランスとの合作で、海外公開を前提としているため、日本の監督の作品にもかかわらず、性器の結合部まではっきり撮されており、当然、国内では、大量のぼかしが入ることになります。特筆すべきは、ポルノと見るか文学と見るかはともかくとしても、日本初の本番シーンがある映画に、無名の排優やポルノ俳優ではなく、既に有名だった藤竜也、松田英子が主演しているところで、これは画期的な出来事でした。海外版で見た人たちから『藤竜也って意外とチ○コちっちゃいな』とさんざんネタにされた作品です。現在はノーカット版と銘打ったDVDが入手可能ですが、ぼかし的な意味ではノーカットではなく、ぼかしは入っていますので、出来れば海外版で見て欲しい作品です。
秘密のカウンセリング「ユキさんですね。初めまして、よろしくお願いします」名乗ろうとしない相手を見て、私は少し戸惑った。

潮吹きの前から最中まで痛いといますそてセックスだけを望ん

デリヘル業界拡大

射精よりも気持ちい
「初めまして、ユキです。よろしくお願いします」一応あいさつを返したものの、不安が残る。ホテルの一室。デイユースで借りているのだろう。白を基調とした部屋の中は、それほど広くもないが、すっきりした印象にまとまっている。
部屋代は一応無料となっていたが、今日の料金に入っているのは間違いない。名の通ったシティホテルの上層階、クイーンサイズのバスルームのフロアは段差がない。ベッド、クローゼットもあるし、テレビの画面はデスクも十分な広さがある。大きく、カウンセリングというのが名ばかりのような気がするこの密室での…、なんと言えばいいか分からないが、デートみたいなものの料金は高い。主婦にしてみれば、月に一度気軽に来られるほどの値段ではない。でもこの部屋なら、デイユースとしてもかなりかかっているはず。すると実際に彼の手元に残るのはそんなに大した額ではない。窓際に並んだ椅子。丸く小さなコーヒーテーブルをはさんで、斜めに向かい合うにして、私は男と話していた。私の方からは、ベッドがそれほど視界に入らない。いきなりベッドを正面に見ながら、見知らぬ男と向かい合うのはかなりつらい。彼は初めからこちらの椅子にすわるよう、私をうながした。そのあたりの気配りができる人なのかもしれない。もちろん、初対面。秘密のカウンセリングなどという得体のしれないものに、普通なら申し込んだりはしない。
でも友達のサキが、このカウンセリングを実際に受けたと言うから。
私がその存在を知ったのは、サキが私の家に来た時だった。
セックスレス「すごく良かったわよ、本当に。どんな中身だったかは言ってはいけないって言われてるんだけど、絶対にいいわよ」と、頬を紅潮させて話すサキの様子に、どう見ても嘘はなかった。
「サキはどうやってそのカウンセリングとかを知ったの」と問いかける私。
「私もね、友達に紹介されたの。いつかあなたも会ったことあるわよ、その人」サキは言った。興味が湧いてきた。カウンセリングそのものより、サキの友人が誰なのか。えつ、誰…と深追いしてみたが、サキは少しためらったように、「うーん、彼女がいいって言えば教えてもいいけど…」ちゃんと友達の秘密を守れるというところ、このへんもサキが信頼できるところではあるんだけど。私が会ったことあるサキの友人は、そんなにたくさんいるわけではないから…。
「とにかく、ユキも受けてみたら」私の詮索を断ち切るように、サキが言う。
「どんなことをしてくれるの。カウンセリングというくらいだから、いろいろ話を聞いてくれたり、いい方法を教えてくれたりとか」まだ何のことだか分かっていない私の質問も、かなり的はずれだったろう。でも、聞いてみないことには分からない。それにしてもこのサキの嬉しそうな表情は何だろう。そのカウンセリングとやらを思い出しているようで、あらぬ方向を見ていた。もちろん話は聞いてくれるわ。
でもそれは最後ねそうねえ、サキはまだ私の顔を見るではなく、そのときの光景を思い出しながら話しているようだった。
「最後って…、いったい何についてのカウンセリングなの…」思えば、この質問を最初にするべきだったのかもしれない。夫婦関係よあっさりとサキが言う。夫婦関係…うちの夫婦に、まったく問題がないわけではない。二歳の娘、サヤカの育児でも悩みがないと言えば嘘になる。夫婦仲がそれほど悪いとは思わないけど、やっぱりとても気になることはある。セックスレス…最近いろんなところで目にするようになった、この嫌いな言葉が脳裏をよぎる。
デリヘルの名前まで知っていデリヘル嬢は乳首をなめて唇を重ねる

風俗嬢に愛撫していただき

でも現実にうちの夫婦はセックスレス。サヤカが生まれてから二年間、一度もない。妊娠が分かった後も、ほとんどなかった。そのことをマサルさんに話そうとするけど、そんなチャンスがないまま、今までずるずると二年以上もご無沙汰している。ネットでも雑誌でも、いろんなところでセックスレス特集があり、セックスレス解消法とかいうものもあり、毎日のように心がチクチク痛む。マサルさんは特にそれで問題を感じていないようで、淡々と暮らしている。女が強くなったとはいえ、私からセックスしたいとは言えない。妊娠が分かる前でも、そんなにあったわけではなかった。多い時で週一回くらいだろうか。しかも、一回のセックスは内容も、極めて普通。マサルさんの人生のように、淡々としたものだった。そんなに長くない。それでもサヤカを授かったのだから、文句は言えないのかなとも思う。でもこのままでいいと、マサルさんは思っているんだろうか。私だってもっと年をとる前に二人目がほしいし。そして何より、性の対象として、女として認められたい。女って、時間が限られている生き物なんだ。最近よくそう思う。だから…セックスに関する夫婦関係よダメ押しするように、サキが言った。
夫婦関係という言葉で迷走を始めた私の思いを断ち切るようだった。そして、「うちもセックスレスだったから」
サキがいとも簡単に言った。うちもというのが少し引っかかったが、サキは知っていて当然。以前から、サキのところもセックスレスだろうな、という思いはあった。二人ともはっきりとは言わないが、いろいろな会話の端々に、この頃ご無沙汰しているということをほのめかしていたり、それとなく分かっていたりもした。
「サキのところはどれくらいなの…」サキに対して、こんなストレートな質問をしたことはなかったけれど。サキとは知り合って五年になる。もともと同じ会社で働いていた。といっても派遣先が同じだっただけ。
アラサーの万年派遣社員という境遇で、意気投合したようなものだった。派遣社員はつらい。非正規雇用というレッテルを貼られている。もともと派遣でも正社員でも、雇用形態が違うだけなのに、正社員は正しくって、派遣は間違っているように言われる。名前ではなく、派遣さんと呼んでくる社員だって、現実にいる。この国では職業に貴態がないなんて本当に嘘。貴態はなくても、少なくとも正否はある。
社員で、誤っているのがという悪い意味の漢字を冠にしている、派遣を始めとする非正規雇用なんだ。正しいのが今や非正規雇用なんて珍しくもなんともない。だって三人に一人だもん。どうして三人に一人なのに、という冠をつけて、あたかもれっきとした社会人じゃないみたいに言われるんだろう。そんな不公平感を、サキもいだいていた。だから仲良くなった。同病相哀れむとは言いたくないが、立場の弱いもの同士が仲良くなる、よくあるパターン。もう四年になるかなあと、サキがひとりごとのように言う。四年…聞き返すでもなく、私が繰り返す。

四年なんだ。四年もセックスレスなんだ。私は二年。このセックスレスが最低あと二年は続く。いや、ずっとずっと続くかもしれない。もし十年続いたらどうしよう。女の時間は限られている。その時間が、今こうしている間にもどんどんなくなっていく。サキの子どものショウタは、お昼寝している。サヤカと、見た目には恵まれている。お互いに専業主婦で子どももいるし、こうしてどちらかの家でお茶も飲める。とりあえずケーキを買っていくだけのお金もある。でも、私たち、旦那に愛されているんだろうか。サキはセックスレス四年、私は二年。こうしてうわべの幸せな日々を過ごして、ゆくゆくどうなるんだろう。今はサキも私も育児に忙殺されていて、旦那の面倒を見ることもできないくらい忙しい。でもサヤカも、サキの所のショウタも、やがては友達の方がよくなる、そして巣立っていく。後に残された私たちは、またこうして昼下がりにお茶を飲んでいるのだろうか。

素人童貞になってしまいます長年その神父はサルみ

風俗に通う客の目的

ピストン運動をねだる
背筋が本当に寒くなった。考えたくなかった。そんな人生は、私が目指した人生じゃない。じゃあ、どんな人生を目指したのかと聞かれたら、はっきりと答えられはしないけど。詳しく教えてくれる…サキに対して、身を乗り出している自分がいた。夫との時間そして今、カウンセラーらしき男性と、ホテルの部屋に二人っきり。サキも友達から、危険なことは何もないというから受けたと言い、彼女自身が受けてもまったく問題なかったと言うので信用はしているが、なんとなくぎこちない。眼の前にいるのは、これといって特徴のある男性には見えない。年齢は私より十歳から十五歳上、四十代半ばから後半くらいかな。服装もごく普通のスーツ。この年代にありがちな、ダボダボのスーツではなく、比較的スリムなノータック。
丸い眼鏡をかけ、髪の色も黒い。あまり表情が変わることなく…。そう、多分わざと特徴を消している感じがある。第一、名前を名乗らない。相手の印象や記憶に残らないようにしているのかもしれない。そんな雰囲気が見て取れた。
「今日はおいでいただいて、ありがとうございます」少し微笑みながら、男性が軽く頭を下げる。あの、お名前は…聞いてみたが、いえ、私の名前は…と、言葉を濁している。
このぎこちない雰囲気を何とかしようとは、あまり思っていない様子。これからどうなるんだろう…不安はあるものの、ホテルの部屋に二人きりでいることへの恐れは、なんとなく感じないですんでいる気がする。というのもこの男性から、ギラギラした雰囲気とか、いやらしい下心とか、そんなものが感じられないからかも。こんな状況は初めて。よく分からないけど、恐怖はあまり感じない。不安はあるけど、なんとなく安心もしている。この、目の前にいる、あまりしゃべらない中年男が持つ独特の雰囲気のせいなのか。
「今日、あなたは、ずっとご主人と一緒に過ごしてください。というか、ご主人と一緒にいるつもりで振る舞ってください」男性の言うことが、すぐには理解できなかった。えっ…、主人と…私がとまどっていると、「そうです。だから私の名前も言いません。私が言うこともご主人が言ったことだと思ってください」まだ私には理解できない。
「あ、ただ、ご主人をここにお呼びしているわけではありませんから、ご安心ください」