近代になってからのことだ家

工事がメインの仕事から

1つ目は、収納のところで紹介した屋根裏です。そして二つ目は、で触れた太陽光発電です。そして、もうひとつは日常的にも災害時にもたいへん有効なスペースとなる地下室です。この三つは、できればぜひ造っておいたほうがいいと思います。とくに、もし一戸建ての家を造るとしたら、ぜひ地下室を造りなさいと、私は人に薦めています。

家ならではの、住まいゆえ

それはたしかに面積が広ければ広いほどお金がかかります。が、もしお金に余裕があれば、できるだけ広い地下室を造っておくと、いろいろな意味で本当に有益に使えます。たとえば建坪二十坪の家を造るとしたら、二十坪の地下室を造っておくといい。地下室の最大の問題はコストが高いことです。しかし、地下室は建ぺい率に算入されないという絶好の有利な条件もあります。

 

戸建ては都心よりも郊外になりやすいので

ある工場跡地でスウェーデン式サウンディング試験を実施したときのことです。75㎏のおもりを載せただけで、その瞬間、鉄の棒はあっという間にずぶずぶと沈んでいきました。その土地は工場が建つ前はレンコン畑の沼地だったとのこと。深いところまでゆるゆるの地盤だったのです。そんな土地に気づかずに地盤改良をしないで家を建てていたらと思うと、ゾッとします。
お話ししましたが十人十色で

アパートが建っている地域

「簡易動的コーン貫入試験」スウェーデン式サウンディング試験をするには、機械を設置するために、るのです。が、古い家が密集して建っている住宅地などではおこなえません。ン貫入試験です。ある程度の広さが必要です。そのため、そんな条件のときにおこなわれるのが、更地ならでき簡易動的コー先が円錐形になったハンマーにおもりをつけて一定の高さから落下させ、先端が10㎝めり込むのにかかった回数で土の硬さを計測します。人が1人通る幅さえ確保できれば調査ができます。から、隣の家との隙間に持ち込んで、地盤調査をすることができます。

原油価格の高騰による資材価格が上昇しているため大規模修繕

子供に残そうというのではなくて、自分たちが楽しもう。おっしゃる通りです。吉山さんがおっしゃった、いい家、豊かな家、定期借地ができた頃は、私もそういうことを一生懸命言っていたんです。きっかけは、平成6年頃です。か、ハワイ大学とシンポジウムをしまして、その時ハワイのハワイカイという高級住宅街を見学に行ったんです。これが定期借地。そこはすごい豪邸で、門から家まで歩くと疲れる。裏庭に小川が流れていまして、そこにクルーザーをとめている。

家は最終的にどのようにするか、家であると

ダイヤモンドヘッドの先まで車で行くと時間がかかるけれど、ボートで行くとす「なんだと。これ何億円するんだと、当時、聞きました。億いかないんです。土地代が入っていない。夢の様な大豪邸です。もともとカメハメハ王家が持っていて、いまビショップ財団が持っています。それが定借のいいところだと思います。